• 太宰治『パンドラの匣』
    『パンドラの匣』は、20歳の男の子から、その親友に宛てた手紙の形式になっています。時代の舞台となるのは、戦争が終わった昭和20年の8月から12月。主人公(手紙の出し手)となる少年は敗戦したこと、自分が病気になったことを機に自らを「新しい男」と呼び、またそうなるよう努力しています。病気(結核)のために療養所に入る事になった少年の手紙から物語はスタートします。君、思い違いしちゃいけない。僕は、ちっとも、しょ...
  • 言葉の選択
    先日取り扱った国語の文章に、「日本語の書き言葉は美しい」というものがあった。ひらがな・カタカナ・漢字といろいろある中で文字の種類を「選択」する、その行為は日本独自である。その「選択」には緊張感があり、そこに美しさがあるという感じの文章だった。英語で「自分」を表す単語は「I」しかないが、日本語では、「私」「僕」「自分」「俺」「吾輩」…などたくさんある。「私」だけを取って見ても、「私」「わたし」「ワタシ...
  • 俳句
    小4の国語の単元が「俳句」に入りました。使っている教材では、いわゆる「夏の季語」を使って俳句を書きなさい、という問題があって、みんな頭を悩ませているのは毎年お馴染みの光景です。たった17文字で、しかもその中には季語も使わなきゃいけない、さらに心情も読み込むという激ムズレベルなのが俳句ですから、頭を悩ませるのも当然ですよね(;´∀`)統計を取ったわけではないので正確ではないのですが、一番有名な俳句は?と問...
  • 考える癖をつけよう
    よく、「国語力(読解力)をつけるにはどうしたらいいか」という質問を受けます。「やっぱり読書ですか?」と聞かれることも多いのですが、個人的には半分は正解で、半分は違うかなと思います。確かに、読書は想像力や知識を身につけるのに役に立ちます。読書をしてる人としてない人では知っている言葉の量が違うのも当然と言えるでしょう。しかし、やっぱり読書はまずは「楽しみ」であってほしいと思います。勉強のために読むという...
  • 読書はすべきか!?
    「国語力(読解力)をつけるにはどうしたらいいですか?」というご質問を受ける事が多い。「やっぱり読書ですか?」読解力を付けるのに最適なのが読書かどうかは私自身は疑問だが、今回は読解力ということをひとまず置いて、「読書はしたほうがいいか」について書こうと思う。まず、結論を述べてしまうと、読書はすべきである。当たり前すぎて、がっかりかもしれないけどこれは間違いない。ここで一つのデータを援用してみる。少し...

プロフィール

超!個別指導塾ミチテラス

東京都大田区にある小さな小さな個別指導塾の物語。

「スタッフ・講師の質の高さ」「授業料の安さ」「居心地の良い場所」にひたすらこだわっています。

このブログでは「ほぼ毎日更新!」をモットーに、教育のお役立ち情報や塾スタッフの感じること、塾のお知らせ、お得情報などを書いていきます。

LINEやTwitterもよろしくお願いいたしますm(__)m